入れ歯よりも快適な|定期的に歯医者へ通って歯の健康を守ることが大切です

定期的に歯医者へ通って歯の健康を守ることが大切です

入れ歯よりも快適な

にっこり

最新の歯科技術

近年では、抜歯をしたりして歯がなくなってしまった場合、入れ歯を入れる方法以外に「インプラント」を行うケースが増えてきています。インプラントとは、何らかの理由によって歯がなくなってしまった部分に、土台となるインプラント金具を埋め込み、その土台に造成した義歯を装着するというものです。インプラントは、入れ歯に比べて非常に強度があり、ご自身の歯のようなフィット感もあるのです。また、ブリッジのように他の歯を傷めてしまうこともなく、非常に安全で衛生的な方法なのです。近年では、インプラントを希望する患者の数が非常に多くなっており、それに伴いインプラントの診療を行う歯医者の数も非常に多くなっています。インプラントは、保険適用外の治療となりますので、歯医者によって費用は大きく異なりますので、数件の歯医者から条件のよいところを選ぶとよいでしょう。

入れ歯の代わり以外でも

インプラントは、基本的には入れ歯の代わりに行う治療法なのですが、審美的な治療としても扱われることがあるのです。審美歯科は、歯並びの良さや歯の美しさを求めて行う治療となっていますが、その歯並びや真っ白で綺麗な形の歯を手に入れるために、インプラントでその用件を充たすこともあるのです。もともとある歯では、矯正治療やホワイトニングをしても限界がありますが、土台から作り上げるこの方法ならば、望み通りの歯並び、望み通りの形の真っ白で美しい歯を手に入れられるのです。そのため、ご自分の歯の大部分を、インプラントに入れ替えて、最高の歯を手に入れているという方も少なくないのです。少し前までは、土台を埋め込むための骨の強度や状態によっては、この治療法が使えないことが多かったのです。しかし、最近ではその骨の強度や状態を改善して、十分な状態にしてから行うということもできますので、ほとんどの方がこの治療法を利用することができるようになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加